メグリメグル

ちょっと役立ちそうな美容情報を紹介

特定技能・横浜の【リベスト アジア コンサルタンツ】がサポート!

 

リベスト アジア コンサルタンツとは

当法人の基本コンセプトは、「アジアの人材と日本企業を結びつける」ことにあります。そのため、日本企業様の要望を把握し、母国にいるアジアの人材の紹介を始め、来日前に日本語教育、生活ガイダンス、ビザ取得支援、各種行政手続きに関する情報提供などを行い、来日後には、住居の紹介を始めとする日常生活支援、日本人との交流促進、各種相談を行います。

日本への留学生の日本での就職希望は多いと言われています。当法人は、留学生の就職支援を行いますが、企業様が日本の状況をより把握している留学生等の人材をお求めの場合、そのご要望にお応えできます。また、雇用契約を結んだ企業様には、より円滑に人材を活用して頂くための講習会、セミナーを開催し、相互理解支援を行います。

アジアの人材と日本企業を結びつけるもう一つの形は、企業様のアジアへの進出があります。進出をお考えの企業様には、進出形態のご相談、現地企業とのビジネスマッチングの場の提供、進出先の情報提供等の支援を行います。

 

外国人材の就労支援とは

人材紹介と共に、外国人材を受け入れる企業(特定技能所属機関)に代わって、支援計画を作成したり、特定技能1号の活動を安定的・円滑に行うことを支援します。

労働力不足が顕在化する中で、海外に目を向ける企業が増えてきています。このような数的不足とともに雇用のミスマッチも課題となってきています。当法人は、こうした状況を踏まえ、不足する労働力・人材の確保とともにミスマッチの解消に貢献したいと考えています。

当法人は、「登録支援機関」として認定されており、人材紹介と共に、外国人材を受け入れる企業(特定技能所属機関)に代わって、支援計画を作成したり、特定技能1号の活動を安定的・円滑に行うことを支援します。

 

登録支援機関とは

登録支援機関は、受入れ機関との支援委託契約により、1号特定技能外国人支援計画に基づく支援の全部の実施を行います。
・登録支援機関になるためには、出入国在留管理庁長官の登録を受ける必要がある。
・登録を受けた機関は、登録支援機関登録簿に登録され、出入国在留管理庁ホームページに掲載される。
・登録の期間は5年間であり、更新が必要である。
・登録支援機関は、出入国在留管理庁長官に対し、定期又は随時の各種届出を行う必要がある。

引用:https://www.libest-asia.or.jp/

3件のコメント

  1. 外国の方が日本で活躍されている姿を見ます!特定技能という制度は素晴らしいと思います。

  2. 日本では働き手が不足している現状・・・労働力の確保が重要な課題になりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。